Month: 7月 2017

大好きな彼?主人に嫉妬?!息子に嫉妬?!

息子と2人で実家に帰省しておりました。主人には悪いなっという思いもありましたが、充実した1週間でした。
そして、久しぶりに自宅。
息子は久しぶりに主人に会えて嬉しかった様。「パパ??」まだ、片言しか話せない息子が「パパ、パパ、パパ…パパ」と呼びまくり。私が「抱っこしよう」と息子の喜びそうな事を言っても「パパ、パパ」。(パパがいいという意味合いで言っています。)
だんだん、私の性格上、どうにか「ママ?」と振り向かせてやるぞという思いが湧いてきました。そこで、息子の大好きなおもちゃで私が楽しそうに遊んでみました。ちょっと興味を示すものの、パパも引き連れて遊びに参加しにきました。単独できて欲しかった(笑)
次におやつで釣る。喜んで取りに来るも、パパにもあげたりとお菓子を持って私から離れていく。一緒に食べようよー(笑)
主人が夜勤があるので寝にいくと、泣きそうになりながら追いかける。私じゃダメか?(笑)
寂しい??!
息子よ行かないでー?

いつのまにか、主人より息子Loveになってしまっております。産後ダイエット 酵素

女性の身体と心情て果たして面倒くさくて複雑

妊娠するプレ、働いて普通に時間もキャッシュも自分の面白味に使っていた一瞬でさえ勤め先の扇動でヒステリックになりひと月1で来るギャル日の前はボロボロ泣いてしまうことが多かった。感情の起伏のかじ取りが効かなくなってしまう。彼もそれを承知で我々が泣いていたとしても差し置くという素振りをとってくれていた。妊娠してとにかく10カ月は大泣きやるなんて言うことはなかった。そして産後4カ月。各種産後の体の障碍が改善してきたなと思った矢先にギャルの日が復興…。まぁ、体調がまた妊娠可能な状態に戻りつつあることはいいことだから前向きに考えようとは思って一月…。昨日は彼のいびきが気になってはたして眠れなくて、心臓もばくばくして、特に瞳がさえてツボがなかった。寝返りをはじめてお昼寝をやる一瞬以外は一部始終、目が離せない乳幼児を見ながらきついまぶたをなんとか開けて世帯をこなして「何故、あんな気持が不安定なのかな?」と思ってカレンダーをみたら巡回でもうすぐやってくるのが分かった。そういった気分のマイナスって「自分の心構えがもろいからいけないんだ」と思いがちだったけど、巡回のカレンダーを塗り付けるようになってから「あぁ…コレの力不足ね。」と納得できるようになってきた。ある程度の日数がすぎると「国ってなんて凄いんだろう!」といっきに内面がいつもの感情に還る。夫人の体調と心構えて実に面倒くさくて複雑なんだなと思った。だって自分じゃとってもかじ取りできないだし。ベルタ葉酸 ドラッグストア

乱痴気騒ぎから避難して駅前の喫茶店に身を寄せる夫両人

「ところ、変えません?」
自身は平身低頭で女性(とは言っても自分の婦人と多田という隣人のママの二人だけだが)に断りを入れ、多田と三軒茶屋駅前のカフェに移動することにした。
「いやはや。何とかこの落ち着いた仕事場のほうが格段に癒しますな」
多田は満更でもなさそうな語気だった。既婚というのは普段我慢している取り分、酒が入るとしんどい型のキャラクターだろうという感覚を持っていた自身は意図的に多田を酒場やバーなどという類の範囲からは遠ざけようとした。
「すみませんね、こちらの勝手な都合で一方類に……。家内も休職内側の現実なもので。そうなると自ずと自分の方も酒は控えるように陥るもので」
「ああ。そういうことでしたか」
必ずその場で取り繕ったような言い分だったが多田は妙に納得していたので自身も信念のちそういうことにしておいた。
更に多田のいうように「落ち着いた仕事場」などでは決して乏しい。ランチには下世話な世間声明や芸能ゴシップに関するテーマが下々の主婦層の間で盛んに交わされるような、一見するとどこにでもあるようなカフェテラスだったし、カフェでなくともアルコールみたいを取り扱っていない仕事場ならば既にどこでも良かった。http://www.sat3117.com/